日山キャンプ場『空キャン! 2022』春/第2回

大型連休中の2022年5月5日(木・祝)。日山キャンプ場は夏のような陽気に恵まれ、家族連れやグループで夜まで賑わいました。この日『空キャン! 2022 春 』第2回として"天空キャンプ"を満喫する魅力的なキャンパーさんを取材しました。

※ここで紹介しているキャンパーの皆さんには、岩代観光協会から個別に取材協力をお願いし、掲載の承諾をいただいています。問い合わせなどのご連絡は岩代観光協会へ、メールにてお願いします(iwashirokankou@gmail.com)。無断転載はご遠慮ください。

こだわりの薪で火をおこし、
上質な炎を見守りながらグラスを傾ける山上の夜。

年平均20泊以上も日山キャンプ場で過ごすウォーリーさん。虫があまりいない日山が大好きなのだという。
安達太良山に向かって大きく開いたテントの空間は、まるで瀟洒な「移動バー」。数種類のウイスキーボトルが並ぶ。 

ウォーリーさんのこだわりギアは、何といっても品質のいい薪。福島市の薪屋さんと仲良しで、薪販売の手伝いもしているそうだ。数種類用意した薪のなかから目的に応じて最適のものを選び、効率的に、そして優雅に、焚火に興じる。
そのほかのお気に入りギアをあげてもらったら、「フェアーハンドのオイルランタンとベアボーンズのレイルロードLEDランタン、テンマクデザインのサーカスTCDX。そしてDODのスゴイッス」という答え。
焚き火もランタンも、灯をともすと、そこからまた心躍る時間が広がる。灯りと炎が、ウォーリーさんのソロキャンプの味わいを深めているようだ。
キャンプの様子は、末尾にリンクを貼ったウォーリーさんのインスタグラムで!

この日は友人家族が隣にテントを張って、日帰りのファミリーキャンプを楽しんでいた。テント撤収が始まったところだったが、記念の一枚、集合写真を撮らせてもらった(向かっていちばん左がウォーリーさん)。

https://instagram.com/yuji.endo.3914

健やかで陽気なエネルギーが溢れ出す!
個性豊かなキャンプ男子6人組。

この日のメンバー6人がサイトに勢ぞろいした「キャンプはいいよなぁ~チーム」の皆さん。先ほどのウォーリーさんやその他のソロキャンパーの皆さんとは異なり、わいわい賑やかな雰囲気! 見るからにノリがよさそうで、次から次へと会話が飛び交い、笑い声が絶えない。

メンバーのキャンプ熱が高まってきて、末尾の写真に出てくるオリジナルステッカーもつくったんだとか。個性豊かなイツメンが集えば、キャンプギアの個性もさまざま。上の写真でも、各自が異なる愛用イスにおさまっている。

そしてなんと、このメンバーの中には第1回取材の際にもキャンプをしていたこたろさんも!(写真右端がこたろさん) キャンプ場での再会は、シーズン中に何度も日山を訪れてくれている証拠。嬉しい瞬間だ。

チームの皆さんに、この日いちばんおすすめのギアを尋ねると、「今回はじめて持ってきた『ソーダストリーム』」との答えが返ってきた。メンバーがお母さんからもらった一品。その威力は秀逸で、本体とガスを持ってくれば簡単に炭酸水ができるので、荷物がかさばらない。もちろん、ゴミも減る。

地元の人気ラーメン店「若武者」のカップラーメンなども垣間見え、調味料類の品ぞろえもユニークだ。

「キャンプはいいよなぁ~」で始まり「キャンプはいいよなぁ~」で終わる愉快な宴が、今まさに始まろうとしている。

オリジナルステッカーがキラっと光るクーラーボックス
アウトドアの定番スパイス「ほりにし」も2種類!

pirotkさんのインスタグラム👇

https://www.instagram.com/pirotk/

今日は手始めに、 BBQ で日山デビュー。
盛大な焚火を囲む、初々しい若者たち。

「俺たち、"家なき子"」と、自虐的ネーミングで笑わせてくれた3人組は、あんざいさんさとうさんだいちさんだ。

前日、急きょ「キャンプに行こう!」という話になり、予約なしで行けるところを適当にググって日山に決定。この日は朝10時半に集合し、最低限必要なものを買いそろえて日山入り。不慣れながらも、こうやってバーベキューにまでこぎつけた。そして、眺望のよさと管理人の優しさに感激し、「日山で正解だったね!」ということで意見が一致したそう。

バトミントンなどの遊具のセット、ポップコーン、マシュマロなどなど。「楽しむぞ!」という意気込みが伝わってくる商品の数々が、買物袋からのぞいている。

「今日はイスしかないけど次回はテントを持ち込んで、バーベキューだけでなく"本当のキャンプ"に挑戦するつもり」という。ぜひまた3人で日山を訪れてもらいたい。

アウトドアブームの申し子のようなシティーボーイ。
名づけて、"日山・サブカル系キャンパー”。

エスパーさん(上の写真、向かって左側)は同級生と2人で。キャンプ仲間が全員そろうと4人になるのだが、この日は2人で日山へ。
「スタイリストでも付いているの?」と聞きたいほどスタイリッシュ! それぞれのいでたちやたたずまいも、コスチュームとギアのカラーコーディネートも完璧にキマって、このままでアウトドア雑誌やウェブサイトのトップページを飾れそう。

今夜のキャンプメシは、チーズタッカルビ、エビとマッシュルームのアヒージョ、翌朝はホットサンド…と聞くと、料理はお手の物かと思うが「いやいや。料理ができないからこそ、修行のつもりでキャンプでは料理をする」のだとか。

ボードゲーム「チャオチャオ・・!」やモバイルプロジェクターもご持参。気が向けば、夜の闇の中、スクリーンを張って映画を見ることもあるのだとか。

小型プロジェクター。キャンプは最先端機器で創る『特別空間』
人気ボードゲーム「チャオチャオ・・!」は進化版すごろくゲーム

春の取材終了!

『空キャン!2022 春編』最後の一枚は、茶坊主さん(…と本当に呼んでいいのか…)(写真の左端)とそのお仲間。

日山キャンプ場の"奥座敷"ともいえるサイト上段の奥にソロテントが3張並び、三者三様に大人の時間をすごす。この距離感がなんともいい感じだ。また機会があれば、ぜひインタビューもお願いしたいものである。

…というわけで、春の取材が無事終了。今回、『空キャン! 2022 春編』の取材に快く応じてくださった皆さん、ご協力ありがとうございました。
7月には『夏編』を取材し、8月下旬にアップしたいと思います。引き続き、日山キャンプ場をよろしくお願いします。

                      岩代観光協会・日山キャンプ場『空キャン!』取材班

関連記事

  1. 日山キャンプ場『空キャン! 2022』春/第1回

  2. 道の駅さくらの郷

  3. 日山キャンプ場『空キャン! 2022』夏

  4. 日山キャンプ場

  5. 名目津温泉

  6. 日渉園(伊達輝宗公御花畠遺蹟)