日渉園(伊達政宗公御花畠遺蹟)

春の桜花がみごとなこの公園。開園のルーツは宮森城を最初に築いた宇都宮氏広といわれ、伊達輝宗公遺愛の御花畠として知られていました。

明治25(1892)年に紺野安平がこの地を購入し、同36(1903)年に「日渉園」を開園しました。この名は、安部井磐根が陶潜(陶淵明)の漢詩「帰去来辞」から取ったもので「毎日散策するわが庭園」といった意味です。

現在も、桜、つつじ、松などが四季の匂いを満喫させてくれる空間となっています。公園の入口には、小浜中学校、万人子守地蔵尊の桜並木が広がり、現在は町の公園として親しまれています。モミジが色づくころにも訪れたい場所です。

関連記事

  1. 萬人子守地蔵尊(万人子守地蔵尊)

  2. 道の駅さくらの郷

  3. 小浜城址

  4. 諏訪神社「長折の三匹獅子」獅子が舞い、跳ね、踊る

  5. 杉沢の大スギ

  6. 東禅寺の夫婦杉