東禅寺の夫婦杉

●県指定/天然記念物
県指定/緑の文化財

推定樹齢:(両方)約600年
樹高:(石段下から見て右側)46.9メートル(左側)43.9メートル
幹周:(石段下から見て右側)9.4メートル
 (左側)6.7メートル

開山は天文3(1534)年といわれる瑞松山東禅寺。曹洞宗のお寺です。

その境内、山門の礎石の両側に高々と聳える2本のスギは、推定樹齢約600年と伝えられ、樹高はそれぞれ約43mと約47mです。石段から見上げて右側のスギのほうが樹高・幹周とも勝っています。従来から天満宮の参道にあったスギを、そのまま山門にしたものと伝えられています。巨木が2株並んで立つのは珍しく、その姿は夫婦にたとえられ、寺の象徴的存在になっています。

昭和28(1953)年に福島県天然記念物に、昭和58(1983)年に福島県緑の文化財に指定されました。

参道入口には、高さ3メートルの立派な禁牌石(きんぱいせき)もあります。

アクセス 岩代郵便局より徒歩1分
住所 〒964-0313 福島県二本松市小浜新町489
営業時間 特になし
電話番号・お問い合わせ 東禅寺
TEL:0243-55-2158
備 考  近隣の観光スポット   小浜の紋付祭り、万人子守地蔵尊

関連記事

  1. 萬人子守地蔵尊(万人子守地蔵尊)

  2. 道の駅さくらの郷

  3. 杉沢の大スギ

  4. 日渉園(伊達政宗公御花畠遺蹟)

  5. 小浜の紋付祭り

  6. 西念寺の臥龍の松